前へ
次へ

美容で怠ってしまうヘアケア

「美容」でついつい怠りがちになってしまうのが「ヘアケア」です。
ヘアケアであまり良くないと言われているのが、意外にもブラシだと言われています。
ブラシはほどよく使用するのは良いのですが、何度もくしを通してしまうとキューティクルがはがれてしまい、ツヤが無くなってしまうのです。
キューティクルを守るために、ブラシを使うのはほどほどにしておきます。
どうしてもくしを通したくなったら、手ぐしがオススメです。
そして、もうひとつ美しい髪を守るためにやってはいけないことがあります。
それは、熱いお湯で髪を洗うことです。
熱いお湯を使用すると、頭皮を傷める原因となってしまう場合があります。
ぬるま湯でしっかり洗うことが大切です。

ヘアケアで大切と言われている事とは

美容とは外見や内面を美しく保つ事を指しており、外見においては服飾や肌、髪といった幅広い分野があります。
一般的に髪の手入れや傷んでいる時に髪の修復をする事をヘアケアと言います。
髪はたんぱく質からできており、髪の根元から栄養をもらって成長しています。
ですからヘアケアを行う時は髪の根元となっている頭皮のケアが大切となります。
頭皮のケアで大切な事は毛穴をきれいに保つ事と血行をよくする事と言われています。
その為に大切となる方法がシャンプーです。
シャンプーを行う上ではお湯の温度と洗い方が重要とされています。
例えば力強く頭皮をこすってしまうと乾燥や皮膚のはがれを招く可能性があるので注意が必要です。
ヘアケアは美容の分野においても様々な種類と方法があり現在も注目されています。

Page Top